ゆきりぃ予防科

おとなもこどもも怪我予防でENJOYLIFE!

【基礎】スポーツの怪我は2種類ある、をおさえよう!

怪我予防トレーナーのゆきりぃです!

 

今回は『スポーツの怪我は2種類ある』をお伝えします。

 

怪我予防を予防したいと考えた時に怪我の大まかな分類を知っておくことはスポーツ現場でどんな準備・対策を立てれば良いかの指標になります。難しくないのでぜひ読んでみてください!

 

まず、スポーツの怪我のことを【スポーツ傷害】と言います。

この【スポーツ傷害】は大きく2つの種類に分けられます。それが【スポーツ外傷】【スポーツ障害】です。

 

f:id:yoboyukiat:20210920114530p:plain

 

【スポーツ外傷とは】

転んだりぶつかったりの1回の強い力がかかり体に傷を負う怪我のこと。

突発的に起こりうるため気をつけていても起きてしまうため予防が難しい怪我

例を挙げてみます。

→バレーボールのブロックの着地時に足首をグギッと捻挫

ラグビーのタックルで肩を脱臼

→サッカーの切り返し動作で膝が捻れ前十字靭帯断裂

→バスケットボールでパスを受ける時に突き指

短距離走中にブチッと音がして太ももを肉離れ

→野球時に速い打球が当たり骨を骨折 …etc

その他特殊なものとしては脳震盪内臓破裂なども含まれます。

予防は難しいですが、事前に怪我のことを知ることや、怪我後の応急処置や医療機関の受診、リハビリなどの環境の準備でスムースな復帰に繋がります。これに関してはまた別記事でお伝えしますね。

【スポーツ障害とは】

練習のし過ぎや休養不足、フォーム不良や適切でない強い運動負荷が長期間に繰り返されて起こる怪我。これは予防が可能な怪我です。

例を挙げてみます。

→野球で投球し過ぎて野球肩野球肘

→サッカーのキックのフォームが合わず鼠蹊部痛症候群(股関節の痛み)

→野球やサッカーで身体の成長に合わない過度な練習のし過ぎで腰椎分離症(腰の骨の疲労骨折)

→長距離ランナーの足やすねの疲労骨折

→テニスコートを走りまわり疲労が溜まり足底腱膜炎

→バスケットボールのディフェンス姿勢やジャンプの着地姿勢でジャンパー膝 …etc

スポーツ障害は予防が可能な怪我ではありますが、『練習を休めない、痛くても我慢すればできる』などの理由で発見が遅くなることが多々ある怪我でもあります。

 

【今回のまとめ】

  • スポーツの怪我はスポーツ外傷とスポーツ障害の2つ!
  • スポーツ外傷は強い一撃!
  • スポーツ障害はサイレントキラー!

 

他の記事もぜひ読んでみてくださいね!