保健室となりのTrainer's Room

ケガ予防でhealthy&enjoyLIFEを!

【基礎】コンディションとコンディショニング


今回は私が発信している怪我予防の基礎についてまとめていきます。



コンディション、コンディショニング、という言葉は聞いたことがありますか?スポーツをされている方なら身近な言葉だと思います。


コンディションとは

「ピークパフォーマンスの発揮に必要なすべての要因」


コンディショニングとは

「ピークパフォーマンスの発揮に必要なすべての要因をある目的(試合や大会、記録会ななど)に向かって望ましい状況に整えること」

=競技スポーツにおいて設定した目標を達成するためのすべての準備プロセス


です。

コンディショニングは試合や大会などの目標に向かってコンディションを整えること、と言えます。


✴︎✴︎✴︎✴︎

次にコンディショニングの目的ですが2つあります。

①パフォーマンス(競技力)の向上

②傷害の予防


②の傷害の予防が私の発信する怪我予防にあたります。パフォーマンスの向上はスポーツを楽しむ醍醐味のひとつですし、結果が求められるアスリートには必須。そのためには貴重な時間を割くことになる怪我は避けたい、そのため傷害の予防も同じくらい重要なのです。


コンディショニングはアスリートであれば年間計画を立て継続的に行いますし、一般の方も競技レベルが高ければコンディショニングを行うことは必要です。


✴︎✴︎✴︎✴︎

コンディショニングは競技スポーツにおいて設定した目標を達成するためのすべての準備プロセスですが、どんな準備をするのかは3つの要素に分けられます。


❶身体的

筋力、柔軟性、関節不安定性、動的・静的アライメント、身体組成、神経系、代謝系、技術、免疫学的、オーバートレーニング、など


❷環境的

暑熱・寒冷環境、高所順化、時差対策、機内対策、食生活、用具、器具、施設、サーフェイス、睡眠、など


❸心因的

対人関係、ストレス


この3つをスポーツの種目や特性、スポーツ現場の状況を踏まえて整えることがコンディショニングです。


✴︎✴︎✴︎✴︎

最後にコンディションを崩す要因についてですが大きく分けて2種類あります。

1.トレーニン

2.ストレス

 ├物理的・化学的ストレス

 ├生理的ストレス

 ├生物学的ストレス

 └精神的ストレス


1.トレーニングではトレーニングの量を増やし過ぎて競技者の防衛体力(リミティングファクター)を超えてしまうという怪我につながってしまいます。ただし、トレーニングの量が少なすぎてはパフォーマンスの向上も望めません。怪我をしない、でもトレーニング効果が出るようなトレーニングの調整が求められます。


2.ストレスでは4つのストレスを挙げていますが、具体的にはこのようなものです。


物理的・化学的ストレス

気温、湿度、気圧など


生理的ストレス

スポーツ傷害、貧血、睡眠不足、胃腸傷害、生理など


生物学的ストレス

ウイルス、細菌、減量、休養、時差、生活パターンの変化など


精神的ストレス

プレッシャー、不安、緊張、人間関係、マスコミ対応など




コンディションを崩す要因を知り、対策をしてコンディショニングを行う。それがより良いスポーツ活動、スポーツ人生が送れると言えます。自分ならどのようにコンディショニングをするか考えてみてはいかがでしょうか?団体スポーツをしている方は、自分、そしてチームのコンディショニングについても考えたら新しいアイデアが浮かぶかもしれません。


さかいゆきでした。