保健室となりのTrainer's Room

ケガ予防でhealthy&enjoyLIFEを!

【仮説】2歳の息子から怪我予防を学ぶ?

2歳の息子の成長の過程を間近で見ている毎日にあるひとつの気づきがあったので書きます。


夜眠る前に布団や枕にダイブしてゴロゴロゴロゴロする息子。脚を上げたりのけ反ったり、手を天井に向けたりバンザイしたり、はたまた起きてみてはまたゴロゴロしたり…すべてのお子さんがそうなのかは分からないけど、その動きを見てひとつ思ったことがある。


《このゴロゴロする動きは…息子なりの体メンテナンスなのではないか?》


昼間に散歩すれば息子はものすごい距離を歩くし走る。自宅に着いても室内でなんだかんだ常に動いてる。しかしこの小さな体の疲労は寝てしまえば翌日にはリセットされているように見える。これはなんだかとても重要なことなんじゃないかと思ったのだ。


私は怪我予防を広める発信をしていて、ストレッチや疲労回復運動をお伝えしていますが、息子はまだ2歳。ストレッチもできないし、決まった体の動きはできない。でもなんか翌日元気なのである。若さだけの効果なのか…違う気がする。


ゴロゴロローリングしたりする時に脚を大きく動かすけれど、これって背中や体幹周りのストレッチの体勢に近いし、仰向けで脚を上げる体勢は太ももやおしりのストレッチに近い、バンザイするように動かせば肩周りがほぐれる…


ここで仮説。もし大人も寝る前に息子のような動きを真似してみて翌日リセットするのだとしたらゴロゴロで自分メンテナンス-怪我予防に繋がるのではないか?


ちょっと息子と一緒にゴロゴロして検証してみます!(完全に感覚任せですが(^^))


また記事に検証書きますね。


さかいゆきでした。  




✴︎さかいゆきSNSリスト✴︎

[ Instagram ]

https://www.instagram.com/kegayobo_sakaiyuki

 

[ Twitter ]

https://twitter.com/yukiyobo

 

[ LINE公式アカウント ]

URL→ https://lin.ee/p9HlwCB

ID検索→ @zyv2733r

 

[ オンラインショップ ]

https://fondamenta.stores.jp/

 

follow me✴︎